スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議長不信任案など否決、自民が審議復帰…衆院(読売新聞)

 衆院は25日の本会議で、自民党が提出した松本剛明議院運営委員長(民主党)の解任決議案と横路議長の不信任決議案を、与党などの反対多数でそれぞれ否決した。

 自民党は両決議案の採決を機に審議に復帰し、国会は正常化した。与党は衆院予算委員会で審議中の2010年度予算案について3月2日までの衆院通過を図る方針だ。

 松本氏の解任決議案には、自民党と公明党、みんなの党が賛成した。横路氏の不信任決議案に賛成したのは自民党だけで、公明党とみんなの党は棄権した。共産党は両決議案に反対した。

 自民党は民主党の小沢幹事長らの国会招致などを求めて22日から審議欠席を続けてきたが、25日の臨時役員連絡会で、審議復帰を決めた。

 本会議では両決議案の採決に続き、高校授業料無償化法案の趣旨説明と質疑を行った。

若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え(毎日新聞)
<暴行容疑>警視庁職員を逮捕 女児抱き上げ(毎日新聞)
「金にも勝る銀じゃ」河村市長決めた!真央パレードじゃ!(スポーツ報知)
若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
スポンサーサイト

改修工事もめ作業員2人刺す 74歳洋傘店主を逮捕 東大阪(産経新聞)

 19日午前11時50分ごろ、大阪府東大阪市足代の洋傘店で、「顔を刺された人がいる」と110番があった。布施署員が駆けつけたところ、店の改修作業をしていた男性2人が首や顔などを切られており、店の経営者が「包丁で切った」などと犯行を認めたため、殺人未遂の現行犯で逮捕した。男性2人のうち1人は首などに重傷、もう1人は軽傷という。

 逮捕されたのは、経営者の八木重一容疑者(74)。布施署や消防によると、八木容疑者は店の改修工事をめぐり、作業をしていた男性2人とトラブルとなり刺したという。八木容疑者は調べに対し「店にあった包丁で刺した」と話しているという。

 けがをした1人は60歳ぐらいで首や眉間(みけん)、右肩を切られ重傷だが、命に別条はないという。もう1人は40歳ぐらいで、あごの辺りを切られたという。

 現場は近鉄大阪線布施駅の南西約100メートルの店舗などが並ぶ繁華街の一角。

【関連記事】
「悪い成績つけられた」 ドイツで元生徒が教師を刺殺
スーパーの食パンに針刺した疑いで女を逮捕 三重県警
惨劇への伏線幾度も…悔やみきれぬ関係者 石巻3人殺傷事件
母親殺害容疑で58歳長男を逮捕 東京・葛飾区
食品に縫い針、ホチキス 埼玉のスーパーで混入相次ぐ

<環境省審議会>戦略アセスメント答申 計画検討で義務化(毎日新聞)
【十字路】「北野をどり」の衣装合わせ 上七軒(産経新聞)
トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり-前原国交相(時事通信)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
長崎知事に自公系・中村氏=民主推薦候補破る(時事通信)

国際犯罪の情報収集強化=グローバル化に危機感-警察当局(時事通信)

 外国人犯罪組織の構成員が多国籍化し、世界規模で活動するプロ集団が暗躍する「犯罪のグローバル化」が急速に進んでいるとして、警察庁は23日までに、全部局長らで構成する対策委員会を設け、戦略プランをまとめた。各都道府県警も本部長らをトップとする対策委を設置。犯罪グループの情報収集に力を入れ、海外の捜査機関との連携も強化する。
 同庁によると近年は、国際強盗団「ピンクパンサー」が東京・銀座の宝石店で35億円相当の宝飾品を奪った事件をはじめ、ナイジェリア人組織による日本人の誘拐、多国籍グループによる自動車盗・密輸出などの事件が多発。犯罪組織は世界各地に拠点を分散し、役割分担も徹底しているため実態が不透明で、捜査対象も地球規模に拡散しがちだという。
 都道府県警には、国際犯罪組織の「実態解明班」も設置。日本国内の支援組織や外国人ネットワークの情報を集める。また、強盗や窃盗、地下銀行、偽装結婚などの罪種ごとに警察の担当部門が異なるため、外国人犯罪に関する情報を一元化する仕組みも整備。都道府県警の司令塔役や警察庁で集約し、分析する。
 このほか、都道府県警であらかじめ指定した捜査員を合同捜査などに迅速に派遣する制度も導入。東アジアや欧州の捜査機関、国際刑事警察機構(ICPO)との連携もさらに強化する。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁
「主張正しいと推察」=元Jリーガー釈放で弁護士
閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う

休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル-厚労省(時事通信)
渋谷駅エスカレーターでスカート内を盗撮 容疑のNHK職員を逮捕(産経新聞)
銅メダルの高橋選手に首相「快挙だ」(産経新聞)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)

「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している野口聡一さん(44)ら飛行士計11人の共同記者会見で、野口さんの発言要旨は次の通り。

 --ISS滞在の感想は

 「ISSに来て2カ月ぐらいたつが、本当にここまで順調。地上の人たち、特に筑波(宇宙センター)の管制室で頑張っている皆さんとの協調作業が非常にうまくいっている。これまでの成果に感謝している。4月の山崎(直子)さんのフライトに向けて、これからいろいろ準備を進めていきたい」

 --滞在2カ月が経過して、何が変わったか

 「ここで生活することに体も精神も慣れてきた。宇宙生活を楽しめるようになってきたことが一番の変化。今回の(シャトル)ミッションで大きな窓も開いたので、そこから地球を見ることで、違った視点が加わって面白くなると期待している」

 --ISSに人が住むことの意義を子供たちに説明してほしい

 「ISSは素晴らしい設備。もちろん科学面での成果も大きいが、これほど大きな国際協力プロジェクトに日本人が絡んでいて、地上から来た人の中に日本人がいる。日本の子供たちに『ああいう所で働く未来もある』と、感じてもらえるのでは。私がここで感じ、伝えたいメッセージは『ごらん、地球は美しいよ』ということ」

 --ISSでインターネットが使いやすくなったことで、地球との距離感は変わったか

 「今回からインターネットが使えるようになり、地上との距離感を縮める上で非常に効果があると思う。(ミニブログのツイッターで)こちらからの情報発信もあるが、地上で何が起こっているかを見る意味でも大きい。私は毎日、皆さんと同じようにオリンピックのニュースにかじりついてます」

 --注目している競技は

 「日本選手もメダルを取ったようで、この後の活躍が楽しみ。ISSでスキーのジャンプをしている映像も送ったが、スキー、スケート、フィギュアスケートも素晴らしい選手が大勢いるので、ぜひメダルを期待してます。頑張ってねーみんな」

 --手巻きずしのパーティーを開いたそうだが

 「シャトルクルーが来た先週、一緒に昼ご飯を食べたときにメニューのひとつとして出した。のりとご飯、シャケ、エビを使った。ロシア人のクルーは、エビにマヨネーズをかけて『エビマヨ』の手巻きずしを大変喜んでいた」

 --シャトルクルーのスティーブン・ロビンソン飛行士(米)とは5年前の飛行でも一緒だったが、宇宙で再会した感想は

 「5年前も素晴らしい友情で結ばれていた。ISSにいると、友人を迎えることほど楽しいことはないなあと、ひしひしと感じた。シャトルクルーは今日で作業を終えて帰ってしまう。すごく寂しいが、次に新しくやってくる友人たちを迎える準備に向け、気持ちを切り替えていきたい」

 --今の生活で楽しいことや、寂しいことは

 「窓から見る地球の景色が毎日楽しい。(その画像を)ツイッターで送っているが、この地球の美しい姿を大勢の人に見てもらいたい。それを見た皆さんの感想も、ツイッターの中で私はちゃんと読んでいる。いろんな感想があるなと思っている。地上の人とつながりながら、残りの滞在期間を過ごしていきたい。もちろん地上での家族との時間とか、食べたいものとかもあるが、ここでしかできないことを楽しみたい」

 --地球を見て何を感じるか。日本で印象に残っている地形は

 「前回の飛行では、船外活動で宇宙空間にぽつんと浮かんでいるときに、地球と一対一で、互いに生物として向き合っている感覚を覚えた。今回は毎日、窓越しに見ながら、そこにいる人たちの生活、それぞれの地域、違った街で住んでいる人たちの生活に関心がいっている。日本はどこを見ても美しい。北海道の冬景色や雪化粧もきれいだし、東京の夜景もきれいだし、桜島(鹿児島県)の噴火も素晴らしい。でも小さな街のちょっとした風景、例えば岩手県の辺りの小さな漁港の景色とかでも、本当に心を奪われることがある。最後の日まで、隅々まで日本の様子を見たい」

 --ISSの運用期間が5年間延びたが

 「2020年まで延長になったことは、非常に素晴らしいと思う。日本人宇宙飛行士(候補者)は昨年3人増えて、日本の代表として頑張って訓練しているが、彼らの飛行機会が確実になったことが一番うれしい。私自身は、明日の予定もはっきり分からないぐらいなので、一日一日をしっかり過ごすことに専念したい」

 --宇宙環境には慣れたか。昨年、長期滞在した若田光一さんはISS内部を「マグロのように泳いでいる」と言っていたが

 「最初の1カ月はゆっくりだったが、今は体も精神的にも慣れて、スイスイ泳いでいる。若田さんがマグロだとしたら、僕はメダカのように泳いでいる。今はいろいろなタスク(仕事)で忙しく、非常にめまぐるしく動いているので、メダカのようにキョロキョロしている」

 --地上の家族と話したか

 「家族、友人と電子メールやテレビ電話、普通の電話回線で話はできている。長期滞在のときは、地上にいる人たちと話せることが精神的な安定のためにとても大事だと感じている」

 --5年ぶりのISSで驚いたことは

 「ISSが広くなったなあというのが率直な感想。(米国施設の)ノード2、(欧州の)コロンバス、(日本の)きぼう、そして今回、ノード3が付いて広く、大きく多彩になった。ほぼこれでISS内部は完成。ISSの完成形を見届けることができて、とてもうれしい」

【関連記事】
野口さん宇宙で五輪にかじりつき
オバマ米大統領が「宇宙」と交信 野口さんも参加
有人月探査計画は打ち切り 米予算教書
野口さん宇宙で豆まき 赤鬼の面つけ
チョコレート浮かべパクリ 野口さんが北海道の小中学生と交信

<女性転落>間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅(毎日新聞)
<鳥取連続不審死>元ホステスを強盗殺人罪で起訴(毎日新聞)
オーロラ 極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え(毎日新聞)

「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用-警察庁(時事通信)

 犯罪収益やテロ資金が疑われるとして、金融機関などが2009年に国などへ届け出た取引は、前年比15.8%増の27万2325件となったことが18日、警察庁の年次報告書で分かった。このうち捜査機関などに提供したのは18万9749件で29.7%増。摘発に活用されたのは92.6%増の337件だった。いずれも過去最多で、同庁は「金融機関、捜査機関の両方に制度が浸透してきた」としている。 

【土・日曜日に書く】ワシントン支局長・佐々木類 首相、腹くくって明確な発信を(産経新聞)
勤務中にコンビニ強盗、タクシー運転手再逮捕(読売新聞)
<霊長類>半数、300種が絶滅の危機(毎日新聞)
捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相(時事通信)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も-厚労省(時事通信)

飲食店・ホテルも全面禁煙に…厚労省が通知へ(読売新聞)

 受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は近く、全国の自治体に対し、学校や病院、飲食店、事務所など多数の人が利用する施設を原則として全面禁煙にするよう求める通知を出すことを決めた。

 喫煙区域を指定する「分煙」は、ドアの開け閉めや人の移動に伴い、禁煙区域にたばこの煙が流れ出ることを防ぎきれず、受動喫煙対策としては不十分と判断した。

 対象施設として、劇場、百貨店、官公庁、駅、ホテル、娯楽施設、バス、タクシーなども指定する。

 飲食店や旅館などでは、全面禁煙の実施が営業に甚大な影響を及ぼす恐れがあることにも配慮し、全面禁煙が極めて困難である場合に限り、暫定的に分煙での対応を認める。この場合も、将来は全面禁煙を目指すことを求める。

 多数の人が利用する施設に受動喫煙防止対策の努力義務を課している健康増進法に基づく措置で、健康局長名の通知になる。通知に違反しても罰則はない。

 労働者の職場での受動喫煙について議論している同省の有識者検討会も、受動喫煙機会の減少を「事業者の義務とすべきだ」とする報告書を4月にまとめる予定だ。義務化には労働安全衛生法の改正が必要となり、経営者側からの反発も予想されている。

 全国で初めて屋内喫煙を規制する受動喫煙防止条例を4月から施行する神奈川県の井出康夫たばこ対策室長は「神奈川の取り組みが広がるのを期待していた。国が動いてくれるのはありがたい」と歓迎する。

 月刊「禁煙ジャーナル」編集長の渡辺文学さん(72)は「受動喫煙を防ぐだけでなく、たばこをやめたい人を支えるためにも分煙ではダメで、全面禁煙がぜひ必要。今回の通知で終わらず、罰則付きの法改正やたばこの値上げなどさらに対策を進めることが重要だ」と話している。

 一方、外食産業などで作る社団法人日本フードサービス協会の中井尚事務局長(58)は「受動喫煙を防いで健康を守ろうという基本的な社会の流れは尊重するつもりだが、特に居酒屋では夜、お酒を飲みながらたばこを吸いたいというお客様がいるのも事実。通知の内容をよく読み、各自治体の動きを踏まえた上で、対応を考えたい」と話している。

元プロ野球・石井氏を擁立=参院秋田選挙区-自民県連(時事通信)
<水俣病>第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き(毎日新聞)
自民・川崎氏、石川議員の辞職勧告案の採決要求=民自公の国対委員長が会談(時事通信)
<労働者派遣法>改正案要綱、17日に諮問(毎日新聞)
自民公認元セクシー女優、今週末街頭デビュー(スポーツ報知)

両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで-宮内庁発表(時事通信)

 宮内庁は19日、天皇、皇后両陛下の地方訪問日程が同日付の官報に誤って掲載されたと発表した。国立印刷局にミスがあったためで、22日付の官報で内容をいったん取り消す。
 同庁によると、誤掲載されたのは来月予定されている両陛下の京都訪問の日程。同庁は18日、26日付の官報に掲載するよう国立印刷局に依頼したが、同局の担当者が依頼を受けた翌日に掲載すると思い込み、ミスが起きたという。 

飲食店で水飲みのどの痛み=女性客6人軽症-警視庁(時事通信)
<エルニーニョ現象>春から夏までに終息の可能性 気象庁(毎日新聞)
自動車欲しい? 所有はステータスじゃない(産経新聞)
勤務先園児にわいせつ行為、撮影=元保育士を再逮捕-愛知県警など(時事通信)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)

弟・邦夫氏が証言 首相「子分を養うためにお金が要る」 母親からの資金提供問題で(産経新聞)

 自民党の鳩山邦夫元総務相は12日、衆院予算委員会で与謝野馨前財務相が邦夫氏から聞いた話として鳩山由紀夫首相が母親に金を無心していたとのエピソードを紹介したことについて、

「1年半か2年ほど前、母から『お兄さんは子分を養うためにお金が要るといっている』という電話を受けた」と述べた。

 そのうえで、邦夫氏は母から「あなたは子分がいないから要らないか」と尋ねられたといい、後に与謝野氏にそのやりとりを語ったという。

 ただ、「兄(首相)が母親に無心したとか、(現金を)取りに行ったとか言っているのではない」とも指摘。首相が母親からの資金提供を認識していたかについては「分からない」と述べた。首相の答弁については「私と母親の会話は事実だが、コメントや評論はしない」とした。

【関連記事】
与謝野氏、激しく首相追及「平成の脱税王だ」 衆院予算委
政治とカネでこころもとない首相答弁 当事者意識も責任感もなく
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
ブログ市長にモノ申す! 総理母からの“子ども手当”も…参院選は「自、民の負け比べ選挙」
母性愛は友愛より強し 元首相・中曽根康弘

<神奈川県警>「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ(毎日新聞)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
「小沢不起訴」で見えた! 「全面可視化」大合唱のナンセンス(産経新聞)
<平野官房長官>こっそり東京離れる…危機管理担当で異例(毎日新聞)
<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)

診療報酬改定は「財務省主導」-答申受け日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会は2月12日、中央社会保険医療協議会(中医協)が来年度診療報酬改定を答申したことを受け、厚生労働省内で緊急記者会見を開き、日医の見解を発表した。見解では、今回の診療報酬改定は「財務省主導」などと厳しく批判している。

 見解では、今回の診療報酬改定を通じて、現政権の医療政策に関する財源論が「はなはだ甘かったことが露呈された」と指摘。また、新政権が医療政策全体に対して「熱意を失っているのではないかと疑問視せざるを得ない」と懸念を示した。
 その上で、改定率が「小幅」にとどまったのは、「財務省に押し切られたため」とし、診療所の再診料を引き下げて病院と統一したことについては、「これこそが財務省が狙った配分の見直しの実現であり、あらためて財務省主導の診療報酬改定が浮き彫りになった」と強調した。

 さらに中医協人事にも言及。日医に特段の相談もなく中医協委員が内定したとして、「非常に遺憾であり、現在も納得していない」と批判。このため、今回の改定に向けた議論では、客観的立場から「もどかしい思いをしたことは少なくない」としたものの、「診療側が一致団結して、(病院と診療所の)対立構造を超越した提言を行ってきたことは評価できる」とした。一方、公益裁定に持ち込まれたことについては、十分な議論を尽くせない論点整理とスケジュール設定に問題があると指摘。特に再診料については2012年度改定に向けて充実した議論を行えるよう、体制や計画を見直すよう求めている。

 見解では問題点を指摘する一方、現政権が社会保障費2200億円の削減方針を完全に撤廃したことを評価。また、民主党が公約に示した医療費の増大についても、今後の展開に期待を寄せ、引き続き後押しするとの姿勢を示した。その上で、現政権に対し、改めて医療政策全体の長期ビジョンを示すよう要望。日医としては、2年ごとに取りまとめている「グランドデザイン」を進化させ、与野党、関係団体と医療政策について本質的、建設的な議論をしていくとした。

 会見で中川俊男常任理事は、答申に至る経緯を振り返り、「中医協の権限が大幅に縮小されたかもしれない」と指摘。改定財源の使い方や手当ての仕方は中医協での議論の結果で決めるべきだとして、あらかじめ入院と外来の改定率が決定していたことに疑問を呈した。


【関連記事】
【中医協】再診料の統一、明細書無料発行を「高く評価」-支払側
【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申
【中医協】来年度診療報酬改定、12日に答申へ
「事業仕分け」WGの結論、政権公約と合致せず-日医見解

消費税率、2けた想定=次期総選挙の争点に-大塚副大臣(時事通信)
<八王子医療センター>生存率、過大に説明 複数の患者らに(毎日新聞)
真央生観戦まだ間に合う!「公式転売市場」でチケット狙え(スポーツ報知)
消費税「常時議論を」=仙谷担当相(時事通信)
網走監獄 設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)

過失致死容疑 マイケル専属医を訴追(産経新聞)

 【ワシントン=犬塚陽介】マイケル・ジャクソンさんの急死をめぐり米ロサンゼルス郡検察局は8日、ジャクソンさんに麻酔薬などを投与し、その後の適切な処置を怠ったとして過失致死容疑で、専属医のコンラッド・マーレー医師(56)を訴追した。ロス郡地裁に出頭したマーレー医師は無罪を主張し、全面的に争う姿勢を示した。

 検察局が8日、地裁に出した訴状や捜査資料などを総合すると、マーレー医師は昨年6月25日、不眠を訴えていたジャクソンさんに対し、十分な注意を払わずに強力な麻酔薬プロポフォールを含む複数の薬物を処方、直後に呼吸停止状態となったにもかかわらず適切な措置を怠ったとされる。

リコール 準備と不安と 東北の販売店「早く信頼回復を」(河北新報)
自民、参院選公約づくり大幅前倒し(読売新聞)
中川氏、前途多難 政界再編へ勉強会 自民は冷めた反応(産経新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 初の予算編成及第点(産経新聞)
民主入り・田村議員が逆ギレ ネット上で騒然(産経新聞)

証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日の衆院予算委員会で、上場株式の配当・譲渡益の税率を本来の20%から10%に軽減している証券優遇税制について、「格差が助長されるという気持ちは分からないわけではない。見直すべき時が来ると思っている。政府税制調査会でもしっかりと議論されるべきだ」と述べ、見直しに向け議論を進める方針を示した。佐々木憲昭氏(共産)への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

2010年度診療報酬改定のポイント(3)(医療介護CBニュース)
<現代詩>中原中也賞 札幌の18歳女子高校生が受賞(毎日新聞)
さっぽろ雪まつり 来場者が過去最高 11日終了(毎日新聞)
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か-広島・呉(時事通信)
<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)

「トラブル聞かないが…」=震える近隣住民-宮城県石巻市(時事通信)

 「トラブルは聞いたことないが…」-。宮城県石巻市の民家で家族ら3人が殺傷される事件が起きた10日朝、普段は静かな住宅街に衝撃が走った。
 近隣住民によると、死亡した南部美沙さん(20)の家族は10年ほど前に近くから引っ越してきた。一家は宅地造成が行われたJR仙石線沿いの一軒家に4人で暮らし、妹の幼い娘が家にいることもあるという。
 近くに住む女性は「南部さん家族に関するトラブルなんて聞いたことがない」と震えながら話していた。
 近所の男性は「午前7時ごろ、救急車3台が次々に来たから尋常でないと思った。こんな静かで奥まった住宅街なのに…」と驚いた様子だった。
 別の男性によると、美沙さんと妹(18)は家にいることが多かったという。男性は道で会えばあいさつを交わすこともあったが「特にトラブルやいさかいなどは聞いたことがない」と話していた。 

【関連ニュース】
目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明
「目標は100人くらい」=加藤被告、掲示板に書き込み
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪

市立病院職員が覚せい剤=事務トップ、使用容疑で逮捕-神奈川県警(時事通信)
「地味」「おとなしい」=華やかなブログと落差も-埼玉連続不審死・木嶋容疑者(時事通信)
国家公務員幹部、内閣が「適格性審査」(読売新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
次期首相「トップは舛添氏」 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

ラッコ バレンタインに「ハート氷」(毎日新聞)

 バレンタインデー(14日)に合わせ、大阪市港区の「海遊館」は8日、ラッコにハート形の氷をプレゼントするイベントを始めた。

 昨年に続き2度目。14日までの毎日午後1時45分の餌の時間に合わせ、オス1匹、メス3匹の計4匹に、食紅を加えてピンク色にしたハート形の氷(直径約30センチ)を1個ずつ与える。おなかの上で器用に割ったり、かけらをかじったりする愛らしい仕草を間近で見ることができる。

 問い合わせは同館(06・6576・5501)。【茶谷亮】

【関連ニュース】
雑記帳:今年も「ペンギンパレード」 大阪の水族館
ジンベエザメ:2匹、屋内大型水槽に移す--土佐清水の以布利センター /高知

<病院事故>70代女性の人工呼吸器が外れ死亡 島根・隠岐(毎日新聞)
医療を取り巻く諸問題で討論―「医療政策サミット2010」(医療介護CBニュース)
首相動静(2月7日)(時事通信)
爆窃団事件 香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)

“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)

 東京弁護士会は5日、おもちゃとみられる拳銃(けんじゅう)を構えた写真の年賀状を、日頃から不満を抱いていた相手に送りつけるなどしたとして、竹内良知弁護士(67)を業務停止1カ月の懲戒処分としたと発表した。処分は3日付。

 同弁護士会によると竹内弁護士は、自分の事務所があるマンションの管理組合や管理会社に不満を抱き、平成19年1月~20年9月、おもちゃとみられる拳銃を自ら構えた写真の年賀状を管理組合の理事やマンションの居住者に配ったり、管理会社の代表者に、「玉を取る」と、報復をにおわすようなファクスを送ったりするなどした。

 同弁護士会はこれらの行為を「弁護士としての品位を失う行為」と判断した。竹内弁護士は「冗談で行った」などと釈明しているという。

【関連記事】
拳銃持ち込みのアリーナス、今季残りを出場停止に NBA
点検中に拳銃が暴発 弾抜き忘れ、けが人なし 大津警察署
「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封
「桜田門外の変」で井伊直弼襲撃の拳銃か? 「天誅の短筒」を公開 

B型、貧血リスク低い=遺伝子個人差、血液検査に関連-46種を発見・理研、東大(時事通信)
オリックス・小瀬選手 自殺か キャンプ先で転落死(毎日新聞)
トヨタ社長、早急な対応指示=「プリウス」問題で会見(時事通信)
皇太子さま、来月6日アフリカへ=野口英世賞シンポにも(時事通信)
<訃報>立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)

石川議員ら保釈申請=小沢氏団体事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、政治資金規正法違反罪で起訴された衆院議員石川知裕(36)、元私設秘書池田光智(32)両被告の弁護人は5日、東京地裁に保釈を申請した。小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)も、同日までに申請した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価(時事通信)
未経験の2人、手術強行…山本病院患者死亡(読売新聞)
歩道の3人、乗用車にはねられ心肺停止…名古屋(読売新聞)
急増するインフルエンザ脳症、8割以上が新型で発病―国立感染症研究所(医療介護CBニュース)
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 民主・山岡氏(産経新聞)

<田村参院議員>民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は5日、党本部で昨年12月に自民党を離党した田村耕太郎参院議員と会談し、民主党入りを要請した。田村氏は回答を保留したが、会談後記者団に「非常に魅力的に感じた」と述べ、民主党入りする方向となった。民主党入りすれば、国民新党などと統一会派を組む民主党は、参院でも社民党抜きに過半数(議長を除き121議席)を確保でき、連立政権の在り方に影響しそうだ。

 民主党の参院勢力は、会派離脱中の江田五月議長を除き114人。統一会派では120議席を持つが、過半数に1議席足りない。田村氏が会派入りすれば、参院で5議席を持つ社民党の協力が無くても過半数を確保でき、連立政権内の社民党の位置づけに影響が出る。米軍普天間飛行場の移設問題では、社民党が「連立離脱」の可能性を示唆して沖縄県外、国外移設を主張しており、この問題にも影響しそうだ。

 田村氏が民主入りすれば政権交代後、初めて自民から入る議員となる。田村氏は今夏の参院選に無所属で鳥取選挙区から立候補する意向を示していたが、同選挙区では民主新人が出馬を表明している。小沢氏は会談後「調整したいと呼び掛けた」と明かしており、田村氏の比例代表からの出馬を想定しているとみられる。【念佛明奈】

【関連ニュース】
自民会派:田村氏ら3氏が離脱
自民党:長谷川参院議員が離党届
自民:初の離党…田村参院議員が届け出 無所属で立候補へ
自民党:田村耕太郎参院議員が離党を表明
政界:3氏が自民会派を離脱

<訃報>中村鐵さん69歳=元電通副社長(毎日新聞)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
<訃報>新開庸晃さん76歳=TOTO特別顧問、元副社長(毎日新聞)
「(石川被告は)国会議員の職務に関連して責任を問われてはいない」(産経新聞)
天皇陛下、ノロウイルスに感染…経路は不明(読売新聞)

<「1Q84」>「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)

 新潮社は5日、村上春樹さんの小説「1Q84・BOOK3」(1995円)を4月16日に発売すると発表した。初版部数は50万部で、同社の平成(1989年)以降の単行本としては最多。「BOOK1」「BOOK2」は昨年5月29日に発売され、12日間で計100万部を突破(現在は計230万部)。2009年の年間ベストセラー1位となり、作中で言及された音楽のCDや関連書籍も売れるなど、社会現象化した。09年度の毎日出版文化賞を受賞した。

【関連記事】1Q84:2巻累計39億円 ブランドムックが大ヒット オリコン書籍レポート

【関連ニュース】
【関連記事】「1Q84」ブーム過熱(6月10日朝刊)
【関連記事】本屋大賞:候補に「1Q84」や「横道世之介」
【関連記事】村上春樹:「1Q84 BOOK1」がオリコン年間“本”ランキング1位 「2」も3位
【関連記事】南沢奈央:「村上春樹にはまってる」 10代限定文学新人賞「蒼き賞」応援ガールに

司法書士、依頼者の金着服=過払い返還金など1000万円-富山(時事通信)
「ネギが風邪予防に効く」は本当 「A型インフル」感染抑制作用発見(J-CASTニュース)
あれは「戦場」そのものだった 加藤被告は硬い表情のまま(産経新聞)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
<国保保険料>08年度収納率は88% 過去最低(毎日新聞)

京都・木津川市副議長らを逮捕 虚偽の建設業許可申請容疑で奈良県警(産経新聞)

 虚偽の建設業許可申請をしたとして、奈良県警は4日、建設業法違反容疑で京都府木津川市議会副議長、片岡廣(65)と1級土木施工管理技士で無職、阪口弘孝(63)の両容疑者を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、片岡容疑者が実質経営する土木建設業「岡廣建設」(木津川市)の特定建設業許可を受けるため、雇用実体のない阪口容疑者を専任技術者とする虚偽の証明書を作成し、平成19年11月に京都府に提出したとしている。

 県警によると、奈良県内の暴力団が使用する電話の設置場所が岡廣建設の所在地で、調べたところ、虚偽申請容疑が判明した。同社と暴力団との関係も調べる。

 県警によると、片岡容疑者は「娘が経営している会社のことで知らない」と容疑を否認、阪口容疑者は「軽はずみなことをしてしまいました」と認めているという。

 片岡容疑者は平成15年4月に加茂町議に初当選。19年4月から木津川市議。

【関連記事】
大阪府まちづくり建設協会会長を逮捕 虚偽の建設業許可申請容疑で 
格付け維持のためウソ資料 建設業法違反で組員ら逮捕
公共工事の格付け維持へ虚偽実績 組幹部の建設会社社長ら3人逮捕 大阪
山口組系組員を逮捕 廃棄物処理法違反容疑で大阪府警
在留資格を虚偽申請 行政書士を1年間業務停止 東京都

センター試験 追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
酒気帯び運転で海自隊員を逮捕 徳島県警(産経新聞)
船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」(産経新聞)
<天気>関東甲信に大雪注意報 都心でも降り始める(毎日新聞)

<雑記帳>韓流スターが一日青森知事(毎日新聞)

 日本でも人気がある韓流スター、イ・ソジンさん(37)が4日、「一日青森県知事」を務めた。県産品をPRする青森市内のイベントに参加し、ファンら約700人の熱い視線を浴びた。

 イさんは「青森が大好き」(本人)で、1月に初めて訪れて三村申吾知事を表敬した際、一日知事を持ちかけられて快諾。韓国との親善交流や青森の情報発信に一肌脱ぐことになった。

 イさんにとって青森の魅力は「雪」。三村知事が「除雪費が大変」と伝えたが、後で「雪に降られたくて昨日は街に出かけました」と話し、どこ吹く風。雪国を愛する心は現職知事に負けていなかった。【後藤豪】

「形式的なミス」小沢氏、持論繰り返す(読売新聞)
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦(時事通信)
「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
火災はボクらの鼻で防ぐ!世界遺産平城宮跡 警察犬がパトロール(産経新聞)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)

中学受験 本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)

 東京都と神奈川県内の私立中学の10年度入試が1日解禁され、首都圏の中学受験は本格シーズンを迎えた。併願数を減らす動きがあるものの、受験者数自体は過去最高を更新する勢いで、不況下でも私立中学人気に陰りは見られない。

 この日は「御三家」と呼ばれる麻布、開成、武蔵のほか早稲田や慶応といった有名私大の付属中など、難関校の入試が集中した。中学受験のピークは今週いっぱい続く。

 中学進学塾大手の日能研(横浜市)によると、南関東の1都3県では09年、国公立の中高一貫校を含め、小学6年生の5人に1人に当たる6万4200人が受験し、過去最高を更新した。直近の志願状況などから、10年も「横ばいか微増」となる見通しだ。一方、1人が受ける学校数は近年、平均5校台で推移していたが、今年は5校を割り込みそうという。

 都の調査によると、10年度入試の都内の私立中学の検定料は平均2万2349円。初年度納付金は平均92万3136円(うち授業料は45万603円)で、10年前より約6万5000円上がった。

 日能研の井上修・進学情報室長は「中学受験は数年前から準備しており、不景気になったからといって急にやめることはあまりない。お金の使い道を絞っても、子供の教育費は医療費の次に削らない分野だ」と話している。【井上俊樹】

【関連ニュース】
中学入試:近畿の私立中、入試スタート 倍率軒並み低下
12の春よ来い:親子の中学受験日記/9 あと1年…併願に悩む
12の春よ来い:親子の中学受験日記/8 東大卒のパパ、超えたい
中学入試:県内私立校出願状況 出願者が減少 平均2.67倍 /兵庫
中学入試:私立応募状況 出願者3万3710人 昨年並みを維持--6日現在 /埼玉

首相「小沢氏は説明責任果たした」(読売新聞)
【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
収賄罪で滋賀県幹部を起訴=業者から850万円、全面否認-大津地検(時事通信)
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に-照明弾も、安全海域で操業中・1管(時事通信)
雪 東京都心で積雪1センチ…交通機関一部に乱れ(毎日新聞)

<鳩山首相>太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日、首相官邸で、梅の名所として知られる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の巫女(みこ)ら「梅の使節」の表敬を受けた。「思いのまま」と命名された品種の紅白の梅の鉢植えに加え、梅干しをプレゼントされた首相。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件や、国会での野党の追及など、思いのままにならないことが多い中、この時ばかりは顔をほころばせていた。首相は「母によく太宰府天満宮に連れていってもらった」と思い出話も披露していた。【影山哲也】

【関連ニュース】
<関連写真>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ
<写真特集>満開の梅が見られるのももうすぐ… 毎日植物園・春
<コラム>春の足音
鳩山首相:小沢氏の幹事長続投、改めて容認
参院代表質問:首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題

山崎前副総裁 自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
<三洋電機>ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
小沢氏2度目の聴取=31日に都内で-陸山会事件・東京地検(時事通信)
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」(スポーツ報知)

「小沢法案」暗雲…国会改革、永住外国人選挙権(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件が、小沢氏の肝いりで推進してきた国会改革や永住外国人に地方選挙権を付与する法案の行方に影を落としている。

 与党内にはもともと慎重論があっただけに、事件の推移を見守る空気が強まっている。

 「この件が片づかないとな。片づけば、選挙も含め死ぬ気でやる」

 小沢氏は28日、永住外国人選挙権付与法案に積極的な同党の川上義博参院議員と国会内で会った際、悔しげにこう語ったという。逮捕された石川知裕衆院議員は2月4日に拘置満期を迎える。その後の展開を見極めなければ、積極的には動けないというわけだ。

 永住外国人への地方選挙権付与は民主党内で賛否が分かれ、国民新党は強く反対している。それでも政府が政府提出法案として今国会に提出することを検討しているのは、小沢氏が強く働きかけてきたからだ。

 しかし、鳩山首相は27日、国民新党の賛同を法案提出の条件とすることを記者団に表明した。国民新党が賛成に転じる見通しは立たず、提出に向けた機運はしぼみつつある。

 政府提出となる場合に所管大臣となる原口総務相も、30日の読売テレビの番組で「拙速を避けることが大事だ」と慎重な検討を求めた。党幹部は「小沢氏が刑事責任を問われるかどうかなどがはっきりするまで、法案の扱いを棚上げしようという空気が強まっている」と指摘する。

 官僚が答弁する政府参考人制度の廃止を柱とする国会改革も、消極的だった社民党に対し、小沢氏自ら説得に乗り出して推進してきた経緯がある。小沢氏は早急に与野党協議を開始したい考えだが、他党の動きは鈍い。民主党は衆院の議会制度協議会(衆院議長の私的諮問機関)の開催をたびたび求めているものの、石川容疑者の逮捕後は動きが止まり、開催のめどは立っていない。

 一方、民主党は28日、「政治資金対策チーム」(主査・海江田万里衆院議員)の初会合を開き、企業・団体献金の全面禁止を盛り込んだ政治資金規正法改正案を今国会で成立させる方針を確認した。

 民主党は昨年の衆院選政権公約(マニフェスト)で、小沢氏が主導する形で企業・団体献金の全面禁止を掲げた。小沢氏の秘書が逮捕、起訴された西松建設の違法献金事件に対する世論の批判をかわす狙いがあったが、党内では「癒着を防ぐためには、公共事業受注企業などからの献金を禁止すれば十分だ」との慎重論が根強い。

 このため、社民党や野党などから民主党に対し、「政治とカネ」に関する対応が遅いとの批判も強まっている。

鳥取不審死で36歳女を再逮捕…強盗殺人容疑(読売新聞)
元従業員の女、再逮捕へ=電器店経営者殺害容疑-鳥取連続不審死・県警(時事通信)
仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20~30件 爆窃団関与?(産経新聞)
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ(医療介護CBニュース)
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)

パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)

 ファイル共有ソフト「perfect dark(パーフェクトダーク)」を使ってテレビアニメをインターネット上に流出させたとして、京都府警は27日、埼玉県上里町神保原町、レンタカー会社アルバイト丸橋隆行容疑者(37)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。

 同ソフトの利用者の逮捕は全国初。

 発表によると、丸橋容疑者は今月4日、アニメ「鋼の錬金術師」の録画映像を自宅のパソコンからネット上に流し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。

 同ソフトは、2006年に国内で利用が始まり、「Winny(ウィニー)、Share(シェア)の後継ソフト」と評される。利用者は約600万人という。

<認知症予防>青魚で効果 島根大グループが実証(毎日新聞)
「AKB」追っかけ代ほしさ、盗み151件(読売新聞)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟-新潟(時事通信)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)

さっぽろ雪まつり 大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)

 第61回さっぽろ雪まつり(5~11日)大通会場の「毎日新聞氷の広場」(札幌市中央区大通西5)で1日、大氷像「イオラニ宮殿」が完成し、制作にあたったNPO法人「日本氷彫刻会北海道地方本部札幌支部」から、広場を主催する毎日新聞社に引き渡された。

 大氷像は高さ7メートル、幅18メートル。1本135キロの氷柱約730本を使用した。ホテルのシェフら延べ250人が約2週間かけて制作。古屋光行支部長は「途中暖気も入って作業が中断したが無事完成した。例年になくきれいに仕上がった」と話した。

 イオラニ宮殿はハワイ・ホノルルにある米国唯一の宮殿で、1882年にハワイ王国7代国王カラカウアの命で建てられた。現在は観光地として一般開放されている。【仲田力行】

【関連ニュース】
ミスさっぽろ:女子大生と会社員、2人に決まる
さっぽろ雪まつり2009
さっぽろ雪まつり:大通会場にスケートリンクがオープン /北海道
さっぽろ雪まつり:高橋知事、大氷雪像制作の陸自隊員を激励 /北海道
ミスさっぽろ:第39代、清沢さんと菅野さんに決定 /北海道

<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)
7階ベランダから転落? 小2男児死亡 千葉(産経新聞)
10トン重機が校庭に転倒!校舎まで3m(読売新聞)
ひったくり少年に「偽ヴィトン買わない?」 商標法違反容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)
偽1万円札で「援交せん?」33歳会社員逮捕(スポーツ報知)

楽天、百度と提携 中国で「楽天市場」展開へ 台湾、タイに次ぐ3カ国目(産経新聞)

 インターネット通販サイト「楽天市場」を展開する楽天は27日、中国のネット検索最大手、百度(バイドゥ)と提携し、中国でネット通販事業に参入すると発表した。両社は中国内に合弁会社を設立し、中国当局の認可が下り次第、今年後半からネット通販事業を展開する。数年後には中国内でナンバーワンのネット通販事業に育てる考えだ。

 楽天が海外でネット通販事業を手がけるのは台湾、タイに続き、3カ国・地域目になる。三木谷浩史会長兼社長は「今後は世界戦略に打って出る」という成長戦略を描いており、急成長する中国の消費市場を自社の収益に取り込みたい考えだ。

 一方、百度にとっては楽天と組むことで、ネット通販事業に本格参入する形になる。

 両社は今後、中国でネット通販事業を営む合弁会社を設立する。出資額は当初3年間で総額43億円。出資比率は楽天が51%、百度が49%持つ。合弁会社の社長は、経営の主導権を握る楽天から派遣する。

 百度は世界のネット検索サイトの市場シェアでは、米グーグル、米ヤフーに次ぐ世界3位。中国では最大のシェアを持つ。一方、楽天はネット販売事業の売上高で米アマゾンに続く世界第2位の地位にある。

 楽天では同社のネット通販ノウハウと、百度のネット集客力という強みを組み合わせることで「できるだけ早期に中国でナンバーワン通販サイトになる」としている。

【関連記事】
百貨店とネット通販がタッグ 西武池袋本店の物産展に2万人
楽天と宮崎県が協定締結 ネット活用し地域振興
あの「プチプチ」の可能性を無限に広げる美人役員
楽天の三木谷会長兼社長「真の世界企業への脱皮の1年」
不況反映? 楽天で売れたアレこれ

陸山会の不動産保有、首相「普通の議員では無理」(読売新聞)
<おいしくて甘~い>筆柿カレーが人気(毎日新聞)
首相“5月退陣”駆けめぐる 「普天間がだめ押しに」(産経新聞)
八王子スーパー3人射殺 犯人の足跡と同じ靴底の靴公開(産経新聞)
妻子殺し自首の男、犯行後に勤務先で料理の下ごしらえ(産経新聞)

<雑記帳>受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)

 静岡県富士宮市の塗装店経営、伊藤文義さん(42)が、「落ちない」ペンキを使った絵馬で受験生を応援している。口コミで評判を呼び、店(0544・54・2360)まで取りに来る人もいる。

 伊藤さんにも高校受験を控えた長男がおり「自分の技術で応援したい」と考案。仕事仲間と手作りし、願い事を書き込む部分に、ロケット先端部の塗装にも使われる特殊な白いペンキを塗った。

 「合格」と語呂を合わせた五角形の絵馬は、「ゴーゴー」にもかけて55枚の限定制作。2月末まで先着順で無料配布する。「落ちない」という受験生の願いは、ロケットのように天まで届くか。【大西量】

【関連ニュース】
岩津天満宮:受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎
湯島天神:「志望校合格」など絵馬 約4万枚が奉納
雑記帳:受験生らに人気「GO!かくだ切符」 阿武隈急行
雑記帳:タコ神社で合格祈願 三重・鳥羽水族館
湯島天神:就職、合格「お願い」 絵馬作りが佳境 東京

20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割-喫煙者調査(時事通信)
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」(産経新聞)
高圧ケーブルカルテルで排除命令=3社に6億円超の課徴金-公取委(時事通信)
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁(時事通信)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
プロフィール

ミスターまさとかみお

Author:ミスターまさとかみお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。